FC2ブログ
 
■プロフィール

ボス

Author:ボス
掛田石材店は、昭和5年に創業
祖父の代から三代、地域の皆様にかわいがっていただき、育てていただいている石材店です。
小さな会社ですので一度にたくさんの仕事はできませんが、お客様を大切に、「まかせてよかった。」と言っていただける仕事を、真心と責任を持ってさせていただくことをモットーにしている技能集団です。
社長として、日々感じたことを、いろいろな視点からブログとして書き綴っていきたいと思います。

■リンク
■カテゴリ
■最新記事
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
掛田石材店 石 天水桶
天水桶

みなさん、「天水桶」という言葉を聞かれたことはありますか。
雨水を貯めるための容器の名称で、雨を尊ぶところから、「天水尊」とも言うそうです。
江戸時代には主に都市部の防火用水として利用されていたそうです。

いろいろな素材でできているものがありますが、
神社仏閣では、石で設えた様々な形の天水桶を見ることができます。

天水桶2

この天水桶は、六十年以上も前に、初代の社長である祖父が手彫りで仕上げたもので
今も三原市内にある順正寺というお寺の本殿の軒下にあり
瓦に降り注ぎ雨どいを伝って集まった雨水を貯めています。

天水桶1

四十年前に亡くなった祖父ですが
丹精を込めてさせていただいた手仕事を
こうして大切に残していただき、
今も皆様のお目におとめいただけることは
石の仕事に携わる者として
大変ありがたく、感慨深いことです。



手仕事ができるからこそ
修善や施主様の細かなご要望にもお応えさせていただくことができます
手仕事のできる店
これが掛田石材店の自慢です。



今日は、天水桶のお話でした。

今夜も素敵な感じで夜が過ぎていきますように
おやすみなさい





スポンサーサイト


テーマ: - ジャンル:ブログ

ちょっと寄り道 | 14:32:04 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。