FC2ブログ
 
■プロフィール

ボス

Author:ボス
掛田石材店は、昭和5年に創業
祖父の代から三代、地域の皆様にかわいがっていただき、育てていただいている石材店です。
小さな会社ですので一度にたくさんの仕事はできませんが、お客様を大切に、「まかせてよかった。」と言っていただける仕事を、真心と責任を持ってさせていただくことをモットーにしている技能集団です。
社長として、日々感じたことを、いろいろな視点からブログとして書き綴っていきたいと思います。

■リンク
■カテゴリ
■最新記事
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大島石パート10 掛水鉢裏面の加工
出来上がった掛水鉢の裏面に、大台に掛けられるように加工を施していきます。
加工を施す前に、
まず、工場の中で、クレーンを使って、出来上がった墓石を下段から組み上げていきます。


仮組1
これは、一段目の四つ組といわれるもので、墓石を支える土台です。


仮組2
四つ組の上に、カンパという石を組みます。


仮組3
次に大台を組みます。
大台の中央の空間から、お骨を納めます。


仮組4
その次に、中台を組みます。
後から、大台の前面の空間を覆うように、掛水鉢を置いていきます。


仮組5
中台の上に台座を組みます。


仮組6
台座の上に座布団を組みます。


仮組7
大台の上面には、亀腹という形のなだらかな加工が施してあるので、
その形に沿うように、掛水鉢の裏面を、削っていきます。
丁寧で正確な作業が必要なので、細心の注意を払いながら削っていきます。


仮組8
これは、裏面の加工が終わった掛水鉢です。


仮組9
掛水鉢を大台に据え付けてみました。

この作業は一度の加工でピタリと合わすことは難しいので、
二人で掛水鉢を持ち上げて大台に掛けて、隙間の状態を確認して、
もう一度下して微妙な加工を施す・・・・・・
そして、ピタリと合うまでこの作業を何度も繰り返します。


仮組10
石と石の間に隙間ができると、そこから水が入り込んでしまうので、
水が入り込まないような丁寧な仕事をしなければいけません。

仮組11
この後は、座布団の上に乗せる仏石に文字を彫り、完成です。


次回は、実際に墓地で据えつけをした写真をアップしますので
お楽しみに

今日は、掛水鉢の裏面の加工についてのお話でした。

それでは今夜も素敵な感じで夜が過ぎていきますように
おやすみなさい
スポンサーサイト


テーマ:石材店 - ジャンル:ブログ

掛田石材店あれこれ | 22:31:28 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。