fc2ブログ
 
■プロフィール

ボス

Author:ボス
掛田石材店は、昭和5年に創業
祖父の代から三代、地域の皆様にかわいがっていただき、育てていただいている石材店です。
小さな会社ですので一度にたくさんの仕事はできませんが、お客様を大切に、「まかせてよかった。」と言っていただける仕事を、真心と責任を持ってさせていただくことをモットーにしている技能集団です。
社長として、日々感じたことを、いろいろな視点からブログとして書き綴っていきたいと思います。

■リンク
■カテゴリ
■最新記事
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

掛田石材店 年頭のご挨拶
謹賀新年

昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます
本年も、掛田石材店社員一同、
お客様に、「掛田に任せてよかった」 と言っていただけるように
真心を込めて責任を持って丁寧な仕事をして参りたいと思っております
なにとぞ昨年同様のご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます
皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

        〒729-0417
        広島県三原市本郷南5-3-12
        (有)掛田石材店
           代表取締役 掛田秀昭
            電話番号  0848-86-4522
            FAX番号  0848-86-4529

スポンサーサイト



社長のひとりごと | 15:11:09 | コメント(0)
掛田石材店 餅搗き大会
平成27年12月28日 月曜日

二年前に亡くなった先代の社長が
四十年ほど前に、のみと鎚を使って手彫りで作った二升搗きの石臼

今年は、二升の餅米を十回、合計二斗の餅を搗きました。

前々日から餅米を水に浸し
前日から杵を水に浸し
日の出前から石臼に湯を張り石を温め
大なべに湯をたっぷりと沸かして
準備万端!!

餅つき2

蒸し上がった餅米を、まずは杵でつぶします。

餅つき3

餅つき1

餅米が十分につぶれたら、ここからは、時間との勝負
餅米が熱いうちに
搗き手と水を打つ人
呼吸を合わせながら餅をつきます。

お重ね餅
平餅 餡餅 豆餅 ミカン餅
いろんな餅が出来上がりました。

最近では、石臼で餅を搗く機会はほとんどなくなってきました。
掛田石材店の若い職人も、初めて杵で餅をついたそうです。

石臼と杵で搗いた餅は
時間がたっても硬くならず
汁物に入れてもとけず
柔らかく伸びもよく
とても美味しいんです。



石臼で餅を搗く!
日本の昔からの伝統
伝え続けていきたい




平成27年も、もうすぐ終わり
新しい年が始まります。
皆様
今年一年、たくさんのご厚情を賜りまして、まことにありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

新しく始まる年も
お客様に
「掛田石材店に任せてよかった」と言っていただける仕事を
真心を込めてさせていただきたいと思っております。




掛田石材店あれこれ | 14:42:14 | コメント(0)