fc2ブログ
 
■プロフィール

ボス

Author:ボス
掛田石材店は、昭和5年に創業
祖父の代から三代、地域の皆様にかわいがっていただき、育てていただいている石材店です。
小さな会社ですので一度にたくさんの仕事はできませんが、お客様を大切に、「まかせてよかった。」と言っていただける仕事を、真心と責任を持ってさせていただくことをモットーにしている技能集団です。
社長として、日々感じたことを、いろいろな視点からブログとして書き綴っていきたいと思います。

■リンク
■カテゴリ
■最新記事
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

間違った情報  Fail №1 (俗名に赤い墨を入れる)
墓石をご購入いただいたお客様から、
「建立者の名前の部分には、赤い墨(朱)が入るんですよね!」
と、お尋ねをいただくことがあります。
が・・・・・

なぜ、赤い墨(朱)を入れるのですか?」
と、お尋ねします。
すると・・・・・

ほとんどのお客様が、
「生きている人がお墓を建立するから」
と、おっしゃいます。

が・・・・・
よく考えてみてください
亡くなられた方が、墓石を建立することはありません。
ですから
俗名(建立者の名前の部分)に赤い墨(朱)を入れることはありません

文字の中に赤い墨(朱)を入れるということは・・・・・
生前に、お寺の住職から法名もしくは戒名をつけていただき、
その名を墓石に刻み、
その中の二文字に赤い墨(朱)を入れるということなのです。
来世の名前である法名もしくは戒名に
赤い墨(朱)が入っていることが、
現在、現世で生きている証なのです。

お客様が思われている文字の中に赤い墨(朱)が入るという意味は、
俗名ではなく、法名もしくは戒名の中の二文字に赤い墨(朱)が入るということです



今夜は、墓石あるあるについての話でした。

最後に・・・!!
間違った情報に惑わされず
墓石に関する正しい知識をきちんとお伝えしていくことも
わたくしたちの役目と思っております。


それでは
今夜も素敵な感じで夜が過ぎていきますように
おやすみなさい



スポンサーサイト



お墓のQ&A | 22:34:03 | コメント(1)